\美容師として稼ぐ/

【ベテラン美容師おすすめ】カット技術向上+後輩育成に役立つ本6選

カット 教材 本

技術の向上に悩まれていませんか?
お客様の集客に悩まれていませんか?

そんな時は土台である「カット技術」について学び直しましょう。

私は理容師美容師の免許を取得+10年以上業界に従事し、
様々なコンテストで賞を取得しました。

長く様々な場所で理容師美容師をしてきましたが、
「カット上手だな〜」と思った人は、5人いくかいかないか位です。

そして、その5人の共通点は、

  • 基礎がしっかりしている
  • お客様の指名が周りの2倍位いる

ことです。

本当に「カット技術」は自分の独自のスタイルを確率する前に、
基礎を学び直す事をオススメします。

20代でも上手い人は上手いですし、
50代でも下手な人は下手です。
(サロンに勤めていたら自身が1番理解していると思います)

今は講習にも参加しづらい状況ですが、
自宅やサロンでの練習でも十分習得可能です。

そこで、オススメの本を紹介していきます。

【ベテラン美容師おすすめ】カット技術習得本6選!

カットの教材本は1冊4000円〜と、決して安くはありません。
ですがそれを納得させられる程の教材です。

私は自分自身のカット技術向上にも役立ちましたが、
後輩の育成の際に1番役立ちました。一石二鳥でしたね。

ちなみに今回紹介する4冊は、美容師なら誰でも知っている
有名美容師が監修し作成している本になります。
納得の説得力です。

① ベースカットバイブル vol.1【グラデーションボブ】
植村隆博・古城隆(DADA CuBiC)著

 第1弾では、3カテゴリー・12個のグラボブを厳選されています。
プロセス紹介だけでなく、すべてのスタイルの「カットの組み立て方」も解説。
「思い通りのフォルムやウエイトラインのグラボブにするための設計図」を、3ステップで導き出せるようになっています。

・「バックセンターから切るグラボブ」
・「ワンレングスをキープし、ミドルから段を入れるレイヤーボブ」
・「フロントから切り返すミックスラインボブ」

 の3カテゴリー・12種類のグラボブを解説。
トライすれば、自由自在にグラボブをデザインできるようになっています! 

② ベースカットバイブル vol.2【ミディアム&ロングレイヤー】
岡村享央(MINX)著

  3カテゴリーのミディアムレイヤー9個と、その応用であるロングレイヤー3個の12スタイルを解説。
削ぎを一切使わずに、ベースカットのみでフォルムや動きをここまでコントロールできれば、
カットデザインだけでなくパーマやカラーのクオリティもアップし、ダメージも軽減。
サロンニーズの高いミディアム&ロングの、お客様満足度に直結します。

 ・「縦スライスで切るミディアムレイヤー」
・「前下がり斜めスライスで切るミディアムレイヤー」
・「前上がり斜めスライスで切るミディアムレイヤー」

 の3カテゴリー・9点と「ミディアムの応用で切るロングレイヤー」の3点を解説。
形を作り分ける技術と同時に、カットの思考力も鍛えられる1冊です。 

③ ベースカットバイブル vol.3【ショートグラ&ショートレイヤー】
山内政人(PEEK‐A‐BOO) 著

   「ベースカットバイブル」シリーズ第3弾!
ショートグラ4点、ショートレイヤー4点、グラとレイヤーのミックスショート4点の3カテゴリー計12スタイルを掲載し、各スタイルの「カットの組み立て方」も解説。
削ぎを一切使わず、ベースカットのみでフォルム、質感、動きをここまでつけることができれば、あらゆるショートデザインを提案できると言っても過言ではありません!

・「グラデーションベース」
・「レイヤーベース」
・「グラとレイヤーのミックス」

 の3つに分類。特にグラとレイヤーが混在する「グラとレイヤーのミックス」は、デザイン性に優れ、サロンでの汎用性も非常に高いテクニックを学べます。 

④ ベースカットバイブル vol.4【マッシュルームライン】
伊東秀彦(PEEK‐A‐BOO) 著

 「ベースカットバイブル」第4弾!
今回も思考力と技術力をアップさせる12スタイルを厳選。
ベーシックだけでなく、ロングやアシンメトリーなど、多彩なマッシュをご紹介。
シリーズ3冊と合わせれば、ショートからロングまで、あらゆるベースカットを網羅できます。
 前上がりの「マッシュライン」を、

・ライン系マッシュ
・マッシュグラ
・マッシュレイヤー

の3カテゴリーに分類。プロトタイプを3バリエーションに変化させます。 

⑤ いちばんやさしく、ていねいなカットの基礎【髪書房】
TONI&GUY (著)

 このテキストは、究極のベーシックカットである、

・「ワンレングス」
・「グラデーション」
・「レイヤー」

の3つに絞り込み、セクション取りやシェイプ、切り口などをポイントごとに丁寧に追うことで、カットの技術を習得していきます。

1冊で応用を全て学ぶというよりは、
ハサミを持ちはじめたアシスタントやジュニアスタイリスト、スタッフ教育を行う際(中層部より上の方)に、お役立ちの1冊です。
 ページ数も68ページとなっていますので、
楽に読みやすい1冊ですよ!
(しかもKindleでも購入可能です)

Amazonで探す

⑥ シンプルカットのすすめ【髪書房】
高澤 光彦(PEEK-A-BOO)著

 著者の高澤光彦氏はPEEK-A-BOOの川島文夫氏に師事し、サスーンの技術を学び、さらに「ヘアスタイルとカット」を考え続けてきた方です。
「デザインとはなに?」
「どう切ったら求めるスタイルができる?」
「もっと単純なカット法はないのか?」…。
 を追求し、30数年にわたるサロンワークとセミナー講師の仕事をとおして得た知識を本にしたのが、この本「シンプルカット」です。

(1)「前に引いて切る」
(2)「後ろに引いて切る」
(3)「床と平行に引いて切る」

 といたって単純なテクニックに、骨格補整等を行うプラス1の、

(4)「ラウンドレイヤー」 

 を組み合わせて、ベースをつくる3つの切り方プラス1(「3+1」)といった、高度に複雑化したカットテクニックをすっきり整理されている本です。
 「カット」といったら「peek a boo」と言われるだけあって、分かりやすく、基礎の基礎を学び直してくれる1冊です! 

Amazonで探す

まとめ 本で成功者の技術を習得すべし!

理容技術・美容技術を本で学ぶというのは難しいと
思うかもしれませんがそんなことはありません。

しかも「本」の素晴らしいことは、
有名な人や偉人と出会うことができなくても、本を通して教えてくれます。
(もちろん美容本に限らず、様々な本にも言えます)

「成功」した人というのは、
何か「魅力」や「実績」があって成功しています。

それを数千円で、一生の技術を学べるというのは、
すごくコスパがよく、素晴らしいことです。

今時はYouTubeで学べるものも多く存在しますが、
どういったものが自分には足りないかを本で理解してから、
動画などで学ぶと早いと思います。

私自身、後輩にはそのように教育してますので、本当にオススメですよ!

ABOUT ME
amy
1989年生まれの31歳、理容師美容師免許を取得し東京都で10年以上美容業に従事。現在は地方移住しのんびり暮らしながら、毎月東京都内に出張美容師をしている。ファッションとインターネットとコーヒーが好きなインドア派。「好きな時に」「好きな場所で」「好きな人と」仕事ができる”自由な美容師”になるためのヒントを発信しています。